「安全なまちづくり」へ行動計画を作成する三農恵拓の生徒=同校体育館

 4月に開校した三本木農業恵拓高校(遠藤剛校長)の普通科の生徒が「地域のセーフコミュニティ」をテーマに、交通事故や火災予防など課題解決に向けた行動計画づくりを進めている。地域の一員として自分たちで具体的に何ができるか考え、秋に実践する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から