ギャラリー「神舞閣」に飾ったねぷた絵と津軽八仙會メンバーら関係者。2階にも見送り絵などを展示している(360度カメラで撮影)

 青森市の酸ケ湯温泉で26日から始まるねぷた絵等の展示会に向け、弘前市のねぷた絵師・八嶋龍仙さんの一門「津軽八仙會」のねぷた絵師らが25日、作品の飾り付けを同温泉で行った。ねぷた絵、色紙計45点が展示され、館内は一気に夏仕様。湯治棟3号館の奥にあるギャラリー「神舞閣」には、床一面に鏡絵を敷き、2階から眺めてもらう仕掛けもある。展示は8月8日まで。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。