東京五輪のメインプレスセンターを訪れた韓国の黄熙・文化体育観光相(中央)=24日午前、東京都江東区

 東京五輪開会式出席のため韓国から訪日中の黄熙・文化体育観光相は24日、韓国選手団の弁当を用意するため自国で設置した給食センターを巡り「(福島県産食材を食べないよう選手に)政府が指示したことはない」と述べた。メインプレスセンター(MPC)を訪れた際、共同通信の質問に答えた。

 黄氏は給食センターについて「五輪で毎回運営している。コンディションや口に合う食べ物のためであり、望む選手だけが弁当を取る」と強調。「給食センターは誤解されているようだ」と訴えた。

 また黄氏は、文化やスポーツの行事で「国民同士が和解や共感の方向へ進めるよう」努力したいと語った。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む