津軽金山焼で製作された「花火の器」

 青森県五所川原市の津軽金山焼は23日、夏のイベントの一環で売り出す焼き物「花火の器」の窯出し作業を行った。新型コロナウイルスの影響で各地のねぶた祭りや花火大会が中止となる中、家庭で夏の風情を味わってもらおうと、大輪の打ち上げ花火の模様を描いたお皿を完成させた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。