岩手県陸前高田市で開いた野球教室で子どもたちに守備についてアドバイスする部員(右)(八戸学院大硬式野球部提供)
野球教室に参加した岩手県陸前高田市の子どもたちと記念撮影する八戸学院大硬式野球部員ら(同部提供)

 岩手県陸前高田市出身で八戸学院大学硬式野球部に所属する村上元太さん(19)=人間健康学科1年=が、同部のチームメートとともに同市を訪れ、小学生を対象に野球教室を開いた。東日本大震災から10年がたった現在も復興の途にある古里への恩返しと、被災地の現状を仲間に知ってほしい-という思いからだ。その熱意にコーチ、部員らが快く賛同。子どもたちに野球ができる喜びを伝えるという夢をかなえた村上さんは、支援してくれた大学や古里の関係者に心から感謝している。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。