青森県は23日、県内で新たに2人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。このうち青森市の60代男性は、同市の県立中央病院で発生したクラスター(感染者集団)の患者または職員。県内の感染確認の累計は2608人となった。

 県によると、男性は県病クラスター発生後に行ったPCR検査で陰性が確認されていたが、経過観察中に発症し陽性が確認された。県病クラスターの感染者は10人、関連含め12人となった。もう1人は八戸市の50代女性。市によると、女性は19日に陽性が判明した同市の40代男性の同居人。

 23日現在の入院者数は33人で、県が公表している確保病床数261床に対する病床使用率は12.6%となった。