5大会連続の五輪出場を果たした東京五輪アーチェリー男子日本代表の古川高晴(36)=青森市出身、青森東高-近大出、近大職=が23日、東京・夢の島公園アーチェリー場で行われた初戦の男女ランキングラウンド(72射・720点満点)に登場した。ショットに精彩を欠いた古川は649点に終わり、男子の出場選手64人中、46位と出遅れた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。