2020年1月、八戸高ラグビー部のOB会で本村(左)と記念写真に納まる中村さん。2カ月前の海外遠征で右脚に大けがを負った本村だが、元気な様子を見せていたという(中村さん提供)
古川への応援メッセージが寄せ書きされた日の丸を持つ手塚さん

 東京五輪が23日、いよいよ開幕を迎える。青森県出身で大舞台に挑むのは、アーチェリー男子・古川高晴(36)=青森市出身、青森東高出、7人制ラグビー男子・本村直樹(29)=八戸市出身、八戸高出。2選手と同様、高校時代の恩師もこの日を心待ちにしてきた。コロナ禍で無観客となるなど、過去に例のない大会に臨むかつての教え子に「ベストを尽くして」と古里から熱いエールを送っている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。