旧小山内家住宅で「織女」を描く三浦さん。後方には水滸伝の「扈三娘(こさんじょう)」(右端)などが見える

 青森県弘前市りんご公園内にある旧小山内家住宅(市指定有形文化財)で、絵師の三浦呑龍さん(68)が20日から、ふすまに弘前ねぷたの見送り絵を描く作業を公開している。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。