22日、ソウルの韓国大統領府で面会した文在寅大統領(右)とシャーマン米国務副長官(韓国大統領府提供・共同)

 【ソウル共同】韓国を訪問中のシャーマン米国務副長官は22日、文在寅大統領とソウルで面会し、北朝鮮情勢などについて議論した。大統領府によると、文氏は米朝対話の早期再開に向けた積極的な努力を要請。シャーマン氏は「北朝鮮が米国の対話の呼び掛けに早期に応じることを期待する」とした上で、韓国と緊密に連携していく意向を伝えた。

 米韓は非核化に向けて北朝鮮に対話再開を呼び掛けているが、北朝鮮は応じる姿勢を見せていない。25日から中国を訪問するシャーマン氏は、中国側とも対北朝鮮政策について深く議論する考えを示した。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む