青森県八戸市は21日、今月実施した1号被保険者(65歳以上)31人の本年度介護保険料の賦課処理に誤りがあったと市議会民生協議会で報告した。新たな65歳到達者や所得申告変更者らの保険料を介護保険システムで算定する際、合計所得金額から最大10万円を控除する特例を適用せずに処理したため、1段階高い保険料を賦課した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から