日本酒「花牡丹」を手にする漆澤さん

 東奥義塾(青森県弘前市)が来年で創立150周年を迎えるのを祝う日本酒が21日に発売された。酒の名は校歌の一節からとって「花牡丹」。発案したのは共にOBで同市在住のアサヒ印刷社長・漆澤知昭さん(49)=1990年度卒=とカネタ玉田酒造店杜氏(とうじ)の玉田宏造さん(44)=96年度卒=で、売り上げの一部を記念事業に寄付する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から