プロ野球のソフトバンクは21日、育成の吉住晴斗投手(21)が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性と判定されたと発表した。無症状で、20日の田浦文丸投手の陽性判定を受け、球団関係者に実施した検査で判明した。保健所により三森大貴内野手(22)=青森山田出=が田浦投手の濃厚接触者と判定されたため自宅待機としたが、球団は吉住投手の濃厚接触者となる可能性のある選手、スタッフはいないと判断し、22日の1軍練習などは予定通り実施する。(共同)

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から