東京五輪の自転車ロードレースのコースとなる東京都府中市の都道に小石状のアスファルトを散乱させたとして、警視庁府中署は22日、道路法違反の疑いで三鷹市の会社員の男(55)を逮捕した。署によると、男は貨物車の運転手で、車に積んでいたアスファルトが落下したことは認めているが「わざとではない」と話している。

 逮捕容疑は21日午前3時20分ごろ、都道にアスファルトを散乱させた疑い。同4時半ごろに通行人から110番があり、署が捜査していた。

 都道は24、25日にロードレースのコースとして使われる予定で、アスファルトは撤去された。

(共同通信社)