青森県弘前市は21日、今春の弘前さくらまつり(4月17日~5月5日・準まつり期間含む)と新型コロナウイルス感染拡大との関連について県に提出した質問状の回答が、同日届いたと発表した。県は文書で「これまでの疫学的な調査からは、県内全体へのまつりの影響について明確な言及はできない」とした。一方で、県健康福祉部の古川朋弘次長は東奥日報取材に「弘前保健所管内の感染者増加との関連性はあると考えている」と語った。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から