青森市の小野寺晃彦市長は24日、県庁で行われた同市の重点要望説明会で、2020年東京五輪・パラリンピックの事前合宿誘致に向けてタジキスタンと協議を進めていることを明らかにした。市によると、タジキスタンのオリンピック委員会は同市を事前合宿地とすることを内諾しており、近く最終決定される見通し。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)