最後に街頭に立った3月25日、弘前市の西小学校の児童と写真に納まる中畑さん(左)(同小提供)
丁字路に立ち始めた19年前の写真を見て、思い出を語る中畑さん

 青森県弘前市の城西5丁目で理髪店を営む中畑昭二さん(78)は、西小学校(田中裕征校長)学区の茜町で、今年3月までの19年間、児童の安全を守るため毎朝横断歩道で交通整理のボランティアを続けてきた。引退を機に、地域の児童や保護者が特別に作った感謝状を手に「長いようで短い、あっという間だった。子どもたちのおかげで続けて来られた」と振り返った。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。