統合案が示されるまでの県教委の進め方に批判が相次いだ下北地区の意見交換会=21日午後、むつ市のむつグランドホテル

 青森県教育委員会は21日、むつ市のむつグランドホテルで、県立高校再編に向け、住民の意見を聞く地区懇談会を開いた。地域住民や学校関係者ら90人超が参加した。下北地区では第2期実施計画(2023~27年度)案で、大湊とむつ工業の統合方針が示されており、参加者は、住民の意見が反映されていないとして「白紙撤回し、ゼロベースで考え直すべき」と批判、総合学科と工業科を同一校にすることに懸念の声が相次いだ。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から