JR新青森駅の新幹線ホームで不審物がないか確認する警察官

 東京五輪・パラリンピック期間中のテロ対策として、県警と青森署は21日、青森市のJR新青森駅で、駅職員と合同の警戒活動を行った。駅ホームなどに不審物がないかを入念に点検したほか、駅利用者への広報活動を展開した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から