酸ケ湯温泉での展示に向け、自宅アトリエで見送り絵を制作する西谷昇仙さん

 祭りのない夏に少しでも彩りを添えようと、青森市の酸ケ湯温泉で26日から、弘前市のねぷた絵師・八嶋龍仙さんの一門「津軽八仙會」によるねぷた絵展が始まる。同一門のねぷた絵師のうち7人が協力し、館内に32点を展示する。同温泉がねぷた絵に特化した展示を行うのは今回初。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。