2019年の射撃訓練で部下がけがをした事実を隠したなどとして、海上自衛隊大湊地方総監部は20日、第25航空隊の40代の男性1等海尉と、当時同航空隊に所属していた50代の男性3等海尉を停職20日の懲戒処分とした。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から