歩行者保護を訴える動画の一場面(県警提供)

 信号機のない横断歩道での一時停止率が低い青森県で、歩行者保護を訴えようと、県警が津軽弁と南部弁で動画を作成した。夏の交通安全県民運動が始まる21日から、県内民放3社のテレビCMで放映する。期間は運動期間中の30日まで。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から