「ニャンニャン曼陀羅」の一場面。猫たちの描き方は後の代表作「11ぴきのねこ」に通じる

 県立美術館などによる馬場のぼる作品の調査では、代表作「11ぴきのねこ」の原点とみられる作品「ニャンニャン曼陀羅(まんだら)」が載った漫画誌も発見された。たくさんの猫たちが登場する絵本のような構成や、猫の表情の描き方などに「11ぴき-」と通じるものがある。この作品の存在は、関係者間でも知られていないという。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。