藤井省三・名古屋外国語大教授

台湾は1895年に始まった日本統治下で近代化しており、台湾人が初めて学んだ“国語”は日本語であった。やがて楊逵、劉吶鴎らが東京に留学してプロレタリア文学や新感覚派の作家へと成長している。戦後にも邱永…

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から