18日の大相撲名古屋場所千秋楽。序二段52枚目の長内(青森県鶴田町出身、高砂部屋)は、同じく7戦全勝した15枚目・藤青雲との優勝決定戦を巻き落としで制した。「落ち着いて相撲を取れた。決定戦が決まってからずっと緊張していたので、今はほっとしている」と振り返った。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。