第45回県民囲碁まつり段級位認定大会(日本棋院青森県本部、東奥日報社、東奥日報文化財団主催)が18日、青森市のアピオあおもりで開かれた。三・四段の部でむつ市の荻上康博さんが4戦全勝し、四段位を獲得した。

 大会は18人が参加。五・六段の部は5回戦、四段以下は4回戦で競った。全勝すると申請段級位を取得でき(五・六段は免状料の4分の1本人負担)、1敗者は半額負担で免状を取得できる。

 1敗者は三・四段の部が工藤義樹さん(青森市)、級位の部が大内慎司さん(青森市)、市ノ渡研さん(野辺地町)。五・六段の部、初・二段の部の1敗者はなかった。