同じケースの中に特別展示されている「いのっち」(左奥)とクマ形土製品

 「縄文遺跡群がもうすぐ世界遺産になるみたい」「どきどきするね」なんて声が聞こえてきそう-。世界文化遺産登録が見込まれる「北海道・北東北の縄文遺跡群」を応援しようと、弘前市立博物館は17日、市内で出土した猪(いのしし)型土製品の「いのっち」(同博物館所蔵)と、クマ形土製品(青森県立郷土館所蔵)の特別展示を始めた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。