大相撲名古屋場所13日目(16日・ドルフィンズアリーナ)、序二段52枚目で青森県鶴田町出身の長内(本名・長内孝樹、高砂部屋)は、6勝対決を制して7戦全勝とした。序二段優勝を懸け、千秋楽の決定戦で15枚目・藤青雲に挑む。まずは全勝を達成し「稽古で磨いてきた『速い相撲』を今場所は積極的に取れた」と胸を張った。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から