水槽を泳ぎ回る「青い森紅サーモン」=県営浅虫水族館

 青森県十和田市の県産業技術センター内水面研究所が開発した大型ニジマス「青い森紅(くれない)サーモン」の認知度向上を図るため、青森市の県営浅虫水族館は16日、紅サーモンの展示を始めた。来場者は、実際に泳ぐ姿を「初めて見た」と興味津々だった。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から