県内各地の縄文遺跡で出土した土器などが並んだ特別展会場

 世界文化遺産登録が見込まれる「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産を含む、県内の縄文遺跡の出土品274点を集めた特別展「あおもりの縄文世界」が、青森市の三内丸山遺跡センターで17日から始まる。1万年以上続いた縄文社会の実像や生活の豊かさを紹介している。11月28日まで。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。