ブラジル選手に練習相手になってもらう地元の学生たち(手前)
合同練習で打ち込みをする日本とブラジルの選手

 2020年東京パラリンピック出場を目指し、事前合宿地になっている弘前市で強化合宿中のブラジル視覚障害者柔道チームに日本の視覚障害者のチームが加わり、合同合宿を行っている。21日、同市の県武道館で合同公開練習会が行われ、両国のパラリンピックメダリストらと地元の学生が、稽古に汗を流した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。