青森県弘前市は15日、今月6日に行った農業用水管の移設設計業務の入札で、単価の積算にミスがあり、予定価格を本来よりも安く設定していたと発表した。参加した全業者の入札額が予定価格を上回り、入札が不調となっていた。市は今後、正しい予定価格で再度入札を行う。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から