第103回全国高校野球選手権青森大会は第2日の14日、青森市のダイシンベースボールスタジアム、弘前市のはるか夢、八戸市長根公園、六戸メイプルの4球場で1回戦8試合を行った。聖ウルスラは、中村冬の中前打で田名部に逆転サヨナラ勝ちし、大会通算2勝目。木造は八回に打者一巡の猛攻で5点差をひっくり返した。同地区対決では、十和田工が三本木に、弘前工が弘前南にそれぞれコールド勝ち。このほか、青森南、弘前実、弘前東、大湊が2回戦へと進んだ。大会第3日の15日は、3球場で1回戦5試合を行う。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から