FC東京U-18戦で、DFに囲まれながらも突破を図る松木(10)。引いて守る相手をどう攻略するかが後半戦の鍵となる=4日、青森山田グラウンド
青森山田の基本フォーメーション

 サッカーの高校年代日本一を争う高円宮杯U-18プレミアリーグは4日までに前半戦の日程(第1~9節)を終えた。東地区の青森山田は勝ち点22の首位で折り返したものの、開幕7連勝した後は1分け1敗と失速。2019年度からの連覇(20年度は新型コロナウイルスの影響で中止)を目指すチームにとって、自陣に引いて守る相手の守備をいかにこじ開けるかが、9月から始まる後半戦の鍵を握る。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。