自宅のアトリエで入選作を手にする佐藤さん
マグロを題材にした佐藤さんの入選作

 国籍や年齢、技法にこだわらず広く世界から絵画作品を公募する「世界絵画大賞展」(世界堂など主催)で、青森県中泊町小泊下前の元イカ釣り漁師、佐藤兼雄さん(69)の油絵が入選した。漁を退いた昨年、若い頃に打ち込んだ芸術活動を本格的に再開。40年ぶりに公募展に出品した作品が評価され「うれしくて妻と2人で涙ぐんだ」と喜びを語った。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。