青森市長島1丁目の信号機のない横断歩道。車は一時停止し、歩行者に道を譲っていた=13日午後

 信号機のない横断歩道での車の一時停止率が、青森市、弘前市、八戸市で2.2~10.3ポイント改善したとする調査結果を、県内で自動車運転教習所の運営などを行うムジコ・クリエイト(本社・弘前市、新戸部洋輔社長)がまとめた。同社担当者は「運転者の歩行者保護の意識が向上した」と分析している。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。