カウンターを手に、リンゴの着果状況や病害虫の有無などを調べる担当者=藤崎町

 高品質リンゴの生産に向け青森県は13日、恒例の着果状況調査を開始した。調査は14日までで、津軽、県南計72園地で2021年産リンゴの実の数や摘果作業の進み具合などを調べ、月末に取りまとめて発表する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から