米軍横田基地(東京都)の輸送機CV22オスプレイが青森県東北町の小川原湖上空で事前通告なく訓練した問題に絡み、東北防衛局は12日、東奥日報の取材に対し、同湖の中で日米地位協定に基づく米軍への「提供水域」が、湖の南東部0.06平方キロであることを明らかにした。同防衛局は同日、横田基地に対し、「漁業者の危険と漁業への悪影響を避けるため」として、同湖上空で訓練を実施する場合は東北防衛局か三沢防衛事務所に事前に情報提供(通告)するよう口頭で要請した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から