一部分で葉が黄色く変色した嶽キミのほ場=20日、弘前市嶽地区

 岩木山麓の青森県弘前市嶽地区特産のトウモロコシ「嶽きみ」の生育状況について、つがる弘前農協は20日、現地検討会を開いた。6月下旬から7月上旬の長雨の影響で、生産量が平年に比べ2~3割減少する可能性が同農協などから示された。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)