「歩いて体感!神秘の大自然」をキャッチフレーズに「十和田湖ウオーク2018」(同ウオーク実行委員会主催)が22日、湖畔で開催される。1周コース、ファミリーコース合わせて約千人が参加、夏本番を迎えた湖と木々の緑が織りなす自然美を楽しみながら、それぞれ完歩を目指す。

 1周コース(約50キロ)は午前5時40分、休屋のウオーク特設会場(北駐車場向かい多目的広場)で開会式を実施。休屋を出発して瞰湖台、宇樽部、チェックポイントとなる子ノ口、御鼻部山、大川岱の3カ所を巡り、再び休屋に向かう。

 ファミリーコース(約12キロ)では午前10時に特設会場で開会式を行った後、遊覧船で湖上を移動し、子ノ口からウオークを開始。宇樽部、瞰湖台を経て、ゴールの休屋を目指す。

 両コース内の宇樽部、子ノ口、七曲、御鼻部山、滝ノ沢、大川岱には給水所を設け、トイレも準備。七曲で塩あめ、滝ノ沢ではみそ汁やキュウリの漬物を振る舞い、塩分の補給に活用してもらう。

 ゴール時間は、1周コースが午後1~5時、ファミリーコースは同1~3時と設定している。ゴール付近ではウオーカーをねぎらう「バンザイ隊」が待機、ゴール通過後に一緒に万歳し盛大に祝う。

 実行委は十和田湖国立公園協会、十和田市、東奥日報社などで構成。湖畔の活性化、観光地再生に向け4月に発足、昨年まで実施してきた民間団体に代わり運営を担う。