激辛トウガラシを使った調味料「鬼辛」

 青森県中泊町の合同会社ツリーワークは、インド原産の激辛トウガラシ「ジョロキア」を使った調味料「鬼辛(おにから)」を発売した。少量でも舌がビリビリとしびれるほどの刺激的な辛さが特徴で、麺類や汁物の味のアクセントとして重宝されそうだ。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から