小川原湖上空を飛行する2機のCV22オスプレイ=1日午後6時16分

 在日米空軍横田基地(東京都福生市など)は8日、東奥日報取材に対し、同基地所属のCV22オスプレイが4月15日と6月30日、7月1日の3日間、小川原湖上空で、水中に入った隊員の引き上げ訓練を行ったことを初めて公式に認めた。訓練は「標準の飛行安全手順に従い、地域の航空交通管制官と適切に調整した上で実施した」とし、問題がなかったとの見解を示した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。