和嶋教育長(手前左)と面会した(中列右から)宮下市長、小野寺市長

 県立高校再編の第2期実施計画(2023~27年度)案に盛り込まれた青森西と浪岡、大湊とむつ工業の統合方針について、立地自治体である青森市の小野寺晃彦市長とむつ市の宮下宗一郎市長が8日、県庁で和嶋延寿・県教育長に見直しを求めた。和嶋教育長は「この案がこのまま成案になることを前提としているものではない。意見を一つ一つ丁寧に検討していく」と述べた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から