来場者を出迎える「ミニチュア山車」=8日、青森市のアスパム

 新型コロナウイルスの影響で青森県内で夏祭り中止が相次ぐ中、少しでも祭りの雰囲気を味わってもらおうと、県観光連盟は8日、青森市の県観光物産館アスパムで「青森夏まつりミニチュア山車」の展示を始めた。青森・弘前・五所川原各市の協力を得て実現、青森ねぶた祭などの山車3台が訪れた人々を出迎えた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から