青森県の高齢化率(総人口に占める65歳以上の割合)は2018年2月1日現在、住民基本台帳ベースで前年比0.85ポイント増の31.32%と過去最高を更新したことが19日までに、県国民健康保険団体連合会のまとめで分かった。今別町が52.22%と13年連続で県内最高。40%を超えた自治体は前年より2町増え9町村となり、高齢化の進行が顕著になっている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)