六ケ所核融合研究所に完成した「ブランケット工学試験棟」=7日、六ケ所村尾駮

 量子科学技術研究開発機構(量研、本部千葉市)が六ケ所核融合研究所(青森県六ケ所村)で建設を進めていたブランケット工学試験棟が完成し7日、記念式典が行われた。核融合炉の中で熱回収など重要な役割を担う装置「ブランケット」の技術開発を行う。国際熱核融合実験炉(ITER、フランス)の次段階となる「原型炉」を建設する上でも主要な試験施設となる。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から