ジュノハートを使ったスイーツを試食する参加者
町内の飲食店などがジュノハートの規格外品を使って試作したスイーツ

 甘くて大きい、サクランボの青森県オリジナル品種「ジュノハート」の規格外品を使ったスイーツ発表会が6日、主産地・南部町の農林漁業体験実習館チェリウスで開かれた。町内の3飲食店と2菓子店の5店舗と名久井農業高校の生徒がそれぞれ試作したケーキやフルーツパフェ、ジュレ、タルト、和菓子など計11品が出品され、関係者が味や見栄えなどを確かめた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から