上から時計回りに竹森さん作「呉越軍談 伍子胥奮戦」、石沢さん作「水滸伝 花和尚奮戦之図」、八嶋さん作「水滸伝 九紋龍勇戦之図」の鏡絵。左上で鑑賞するのが八嶋さん=弘大創立50周年記念会館(全天球カメラ使用)

 1964(昭和39)年から毎年、弘前ねぷたまつりで大型ねぷたを運行してきた弘前大学は、昨年まで57年分の全ての鏡絵や見送り絵に裏打ちを施し、図書館に保存してきた。新型コロナウイルスの影響で昨年に続き2度目の「ねぷたのない夏」を迎える中、弘大ねぷたを30年以上担当してきた絵師の八嶋龍仙さん(74)が6日、先輩たちの貴重な作品を鑑賞、伝統を後世に伝えていく覚悟を新たにした。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。