市川東北防衛局長(右)に要請書を手渡す笹倉町議会議長

 在日米空軍の輸送機CV22オスプレイが6月30日と7月1日に青森県東北町の小川原湖上空で行った訓練とみられる飛行に絡み、東北町議会と同町議会基地対策特別委員会は5日、同町役場で、市川道夫東北防衛局長に対し、住民に不安を与える飛行は行わないよう米軍に申し入れることなど3点を要請した。要請書を受け取った市川局長は「承りました」と語った。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から