長根屋内スケート場内で救援物資集積・搬出訓練を行う市職員ら
八戸消防本部の職員による防災講話に耳を傾ける児童たち

 本年度の八戸市総合防災訓練が6月27日、根城地区で行われた。昨年度は新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止され、2年ぶりの開催。市の地域防災拠点施設となっている長根屋内スケート場が初めて訓練会場となり、参加者は10年前の東日本大震災の被害を思い起こしながら、災害への備えを再確認した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。